フォト

楽天

  • AD
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

視覚障がい向けツール

  • 全盲の人が絶賛する時計
無料ブログはココログ

« 小山慶一郎 KちゃんNEWS 09/30 加藤シゲアキ ゴキブリ退治 | トップページ | 東京女子流 アスタラジオ* 10/01 おこづかいの使い道 »

2014年10月 1日 (水)

大野智 ARASHI DISCOVERY 10/01 宇宙

2014/10/01 水 06:50 FMヨコハマ (FM 84.7MHz)

大野智

万古千秋(ばんこせんしゅう)
永遠と聞くと宇宙


+act. 2014年 11月号 大野智 表紙(両面)巻頭 完全独占 9/27
死神くん Blu-ray BOX(初回限定版)大野智,桐谷美玲 11/05
THE DIGITALIAN 【通常盤】 嵐 10/22
THE DIGITALIAN 【初回限定盤】(DVD付), Limited Edition 10/22

音声ファイル期限切れ
大野智

ブログ内検索: 大野智 ARASHI DISCOVERY

※ n次元のn+1次元構造
人間が空を飛べない時代、ある意味、二次元の住人だった。
海はどこまで行っても海だが、古代の人たちは海の果てには「海水が流れ落ちる大きな滝」や
「海水をためておく大きな壁」があるのだと思っていた。人間が住んでいる場所は微妙に
歪んでいて球体をしているとは思わなかった。
これは二次元が三次元的に歪んでいた例である。

ここにヒモ(一次元)があり、そこに知的生命体が住んでいるとする。
このヒモが非常に長い場合、そこに住んでいる知的生命体はヒモ世界の果てには
行き止まりがあると思っている。実際は、そのヒモは端がつながっていて円になっている。
これは一次元が二次元的に歪んでいる例である。

人間は三次元を感覚的に把握しているが、宇宙の構造は四次元的に歪んでいると考えると、
一方向に進んでいけば、反対方向から帰ってくることになる。
こういう構造を四次元球と呼ぶ。壁がなくても、行き止まりがなくても、有限な世界である。
四次元球を理解すると、「宇宙の行き止まり」「宇宙に壁があるならば、その外は?」
という疑問は消滅する。

« 小山慶一郎 KちゃんNEWS 09/30 加藤シゲアキ ゴキブリ退治 | トップページ | 東京女子流 アスタラジオ* 10/01 おこづかいの使い道 »

ARASHIラジオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大野智 ARASHI DISCOVERY 10/01 宇宙:

« 小山慶一郎 KちゃんNEWS 09/30 加藤シゲアキ ゴキブリ退治 | トップページ | 東京女子流 アスタラジオ* 10/01 おこづかいの使い道 »